南魚沼市大月の自然と土と水とたわむれ はざがけ米を作ってみませんか

米通販・農家直売通販|減農薬南魚沼産コシヒカリ【梅蛍】 新潟米のお取り寄せ 天日干しはざがけ米を作る会

米通販・農家直売通販|減農薬南魚沼産コシヒカリ【梅蛍】 新潟米のお取り寄せ 天日干しはざがけ米を作る会

はざがけ米ご購入をご希望のお客様はこちらをクリックしてください

「はざがけ米を作る会」とは  会長 田原ひさし

美味しいお米を愛する皆さんはじめまして。
このたび、南魚沼の大月のお米生産者本多さんのご厚意により「はざがけ米を作る会」を発足することとなりました。

「はさがけ」。耳慣れない言葉です。漢字で書くと「稲架掛け」となります。一言で言うと「天日干し」ということになりましょうか。

そもそもお米がどうやって育てられ、どのような工程を経て私たちの口に入るのか。しかもなぜ「稲架掛け」によって作られたお米が美味しいとされ通常のお米より割高 なのか。「お米のこと」を少しでも知りはじめるとそんな素朴な疑問が湧いてきます。

新潟は良質なお米の産地として全国一の知名度を誇り、その中でも「魚沼産」が最高とされ、その中でも「南魚沼産」は特別と言われています。 しかもその南魚沼産の中でも別格とされているのが塩沢を中心としたごく狭い地域だとよく聞きます。

私は東京で働いています。東京には全国の美味しいものが集まります。もちろんお米もそうだと思います。
でも今までずっと「美味しい!」と思えるお米を買い求めることができませんでした。 お店で一番値が張る特級のお米でもちっとも美味しくない。

そんな時に大月の本多さんとの出会いがあり、無理を言って田んぼを見せていただき、お米のことをたくさん教えていただきました。 そして「稲架掛けのお米をぜひ一度作ってみたい」という贅沢なリクエストに気持ちよく応えていただいたのが本多さんでした。

「お米に興味がある」「美味しいお米を食べて(作って)みたい」「はさがけを体験してみたい」「もっとお米のことを知りたい」・・・。 そんな「お米初心者」が一人集まり、二人集まり、そうしてできたのが「はざがけ米を作る会」です。
これからは「美味しいお米」をこの地域のキーワードに、なぜ美味しいお米がこの地域できるのかを知ることのできるさまざまな体験イベントを企画します。

都市で忙しく働く方や子供さんでも気軽に体験できるイベントを通じ、四季の表情豊かなこの地域の持つ魅力を一緒に堪能しませんか?

スタッフは皆ボランティア。東京で働く仲間が少しずつですが集まってきています。他の地域からの参加も大歓迎です!

お米が好きで好きでたまらない!そんな仲間が増えてくることを願っています!

みずからたずさわることで食の安心を確かめてほしい

夏のイベントとして、大月の「蛍祭り」鑑賞を予定しています。蛍は清浄な水が流れるところでないと生きていけません。このような大月地区の自然を肌で感じていただくことも目的のひとつと考えています。

年間の主な活動予定は、春の田植え・秋の刈入れ・脱穀、冬は雪遊びなど。遊びや楽しみをかねながら、会員の皆さんが実際に米作りにたずさわることで、大月地区の清浄な自然を肌で感じ、米の生産に対する安心・安全を実感していただきたいと考えております。そのようなことから、さらにおいしく米を食べていただけることが願いです。

イベントへの参加は自由 できるところ興味のあることからご参加ください

年間いくつかのイベントを予定しております。会員の方には、事前にイベント情報をお知らせし、参加を希望される場合にはお申込ください。詳細は事前のイベント情報でお知らせし、イベントご参加の場合には、別途参加費が必要となります。

会員特典

入会金

年間イベント(予定)

お問合せ先 はざがけ米を作る会 事務局

〒949-6614  新潟県南魚沼市大月209  
TEL(025)772−4167    FAX(025)772−4167
メールアドレス info@umebotaru.com
事務局   本多 茂夫

 
ご注文・お問合せはこちらから

ご入会・お問合せのためのメールフォームへ

イベント情報はFacebook・ブログでも発信!

「はざがけ米を作る会」のイベント情報、お知らせなどは、Facebook・ブログでも発信しています。Facebookアカウントをお持ちの方は「いいね!」をしていただくと、最新情報をあなたのニュースフィードでチェックできます。
また、イベントの様子もアップしていきますので、新潟南魚沼の自然や、米作りの様子をぜひご覧になってください。
随時入会歓迎です。興味のある方、イベントの様子をちょっとのぞいてみたいなど、フレキシブルに対応いたしますので、お気軽にお問合せください。お待ちしております。

はざがけ米を作る会ブログへ

△このページのトップへ戻る